毎年のように紫外線が強力な時期に

毎年のように紫外線が強力な時期になると日焼け防止に帽子及び日傘と共に日焼け止めを使うという方も多いはずです。
一昔前は日焼け止めは白いミルクタイプの形状が一般的でした。
つまりおよそ300分後までの延長が可能になります。それから、SPF30はおよそ10時間後までという意味合いです。このことから、犬の散歩、買い物へ行くといった普段の生活だけで考えるならSPF15のもので十分足りそうです。
ここで勘違いしてはいけないところは、SPF15というのは15分後、SPF30は30分後ということではありません。
SPF15の場合20分後から日焼けを始める人だと、スタート時間を15倍延期することが可能になるという意味です。
ですが現在、ミルクタイプの日焼け止め以外にジェル状になっていて保湿を意識したものやスプレーになっていて簡単に使用可能な商品など様々なタイプの日焼け止めがお店で売っています。けれども、これら二種類がそれぞれがどういう意味を持つかをちゃんと言える人は、そんなに多くないのではないかと考えられます。
数字については大きいほど効果がありそうだから、きまって大きい数字の商品を利用しているという人もいるはずです。

hfu3872d